農学総合科目:
放射線環境学

農学総合科目

「放射線環境学」

2011年3月の東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故により、多くの放射性物質が環境中に放出された。環境をたくみに利用し生産を行う農業にとって、放射能による環境汚染は、外部被ばくの懸念のみならず、食の安全の観点からも大きな脅威であった。そんな中、農業関係者はどのように危機と対峙し、どのような解決を模索したのだろうか。本講義は、農学を志す学生にとって農業・環境・食の安全といった重要分野の基礎を放射能汚染を通して学ぶことを目的としている。

A1/A2ターム月曜日第3限(13時00分~14時45分) 農学部1号館8番教室

講義資料
  • 講義時に資料を配布する。
  • 成績評価方法
    毎回の講義後のショートレポートおよび試験による総合評価を行う。
    • ショートレポート兼出席による評価:毎回の講義後に、その日の講義の内容のまとめ、もしくは意見を記載し、その場で提出する。
    • 試験による評価:13時より1時間で行う。最初の30分は途中退席は認めない。また、遅刻は30分を限度とする。
    ショートレポート約4割、試験約6割の比率にて総合評価を行う。
    教科書・参考書
    毎回、講義資料を配布する。
    以下の本を参考書とする。
    講義スケジュール(平成29年度) 

    準備中(初回は9月25日)


    2015年度のアーカイブ|2016年度のアーカイブ