FG5: 農学における情報利用研究

農学における情報利用研究フォーラムグループ

農学における情報利用の新たな可能性を探ります

最先端農業システムやリモートセンシング・地理空間情報、生態系保全のための情報提供、気候変動に伴う農業気象情報や食料需給問題など、農学分野における情報利用研究は大きな可能性を秘めています。当FGは、定期的な勉強会を開催し、農業環境情報の交換を促すと共に、メーリングリストを利用して参加者に関連情報を配信します。
セミナー
シンポジウム
国際セミナー

履修希望者・参加希望者(メール配信希望者も含む)は次のメールフォームから登録してください
メーリングリスト登録
2022年度 授業
演習 農学における情報利用ゼミナール(通年) 1.進め方
  • 前期は本FGと関連性の高い学会等のシンポジウム、見学会への参加。
  • 後期は外部講師の先生によるセミナーへの参加
  • ※その他、学生諸君の意見を聞きながら、随時演習等企画する。
  • ※上記は自分の希望するものに参加する。
2.評価
  • シンポジウム、見学会、セミナーに関するレポート提出。
3.予定
(各シンポジウム、見学会に参加する履修者は、前日までに生物・環境工学 細井にメールしてください)
■前期
  1. 農業情報学会2022年度年次大会シンポジウム(協賛)
    日時:5月21日(土)
    場所:オンライン開催
    テーマ:「情報分野から見た農業情報学」
  2. 国立環境研究所公開シンポジウム 「未来につなぐ世界との絆-持続可能な地球を目指して-」
    日時:6月23日(木)
    場所:オンライン開催
  3. 2022年 生態工学会 年次大会(ハイブリッド開催)
    日時:6月24日(金)〜25日(土)
    場所:オンライン&東京農工大学府中キャンパス
  4. 国際セミナー:
    釧路湿原からのオンサイト、オンラインセミナー
    日時:2022年7月18日(月・海の日)10:30〜11:30
    教室:zoom

■後期
シンポジウム

  1. 日本農業気象学会 関東支部例会
    日時:未定
    場所:未定
  2. セミナー

  3. その他、学生諸君の意見を聞きながら、随時演習等企画する
    (Aセメスター、Wタームを予定)
2022 symposiums
Symposium 農業情報学会 2022年度シンポジウム
日時:2022年5月21日(土)
場所:オンライン開催
Symposium 日本農業気象学会 関東甲信越支部2022年度例会
日時:未定
於:未定
勉強会・セミナー(2022年度)
Aセメスター、Wタームを予定
FG担当スタッフ
大杉 立
生産・環境生物学
大下誠一
食の安全研究センター
牧野義雄
生物・環境工学
清水謙多郎
応用生命工学
溝口 勝
農学国際
露木 聡
農学国際
米川智司
生態調和農学機構
藤原章雄
富士癒しの森研究所
細井文樹
生物・環境工学
フォーラムグループ長・事務局長
細井文樹

2021年度のアーカイブ2020年度のアーカイブ2019年度のアーカイブ2018年度のアーカイブ2017年度のアーカイブ2016年度のアーカイブ2015年度のアーカイブ2014年度のアーカイブ2013年度のアーカイブ