FG5: 農学における情報利用研究

農学における情報利用研究フォーラムグループ

農学における情報利用の新たな可能性を探ります

最先端農業システムやリモートセンシング・地理空間情報、生態系保全のための情報提供、気候変動に伴う農業気象情報や食料需給問題など、農学分野における情報利用研究は大きな可能性を秘めています。当FGは、定期的な勉強会を開催し、農業環境情報の交換を促すと共に、メーリングリストを利用して参加者に関連情報を配信します。
セミナー
シンポジウム
国際セミナー

履修希望者・参加希望者(メール配信希望者も含む)は次のメールフォームから登録してください
メーリングリスト登録
2023年度 授業
演習 農学における情報利用ゼミナール(通年) 1.進め方
  • 前期は本FGと関連性の高い学会等のシンポジウム、見学会への参加。
  • 後期は外部講師の先生によるセミナーへの参加
  • ※その他、学生諸君の意見を聞きながら、随時演習等企画する。
  • ※上記は自分の希望するものに参加する。
2.評価
  • シンポジウム、見学会、セミナーに関するレポート提出。
3.予定
(各シンポジウム、見学会に参加する履修者は、前日までに生物・環境工学 細井にメールしてください)
■前期
  1. 農業情報学会2023年度年次大会シンポジウム(協賛)
    日時:5月27日(土)・28日(日)
    場所:九州大学西新プラザ(ハイブリッド開催)

    テーマ:「農学分野におけるDX人材の実践的スペシャリストに求められる能力とは?」
  2. 国立環境研究所公開シンポジウム
    公開シンポジウム2023 「モニタリングから読みとく環境 ~次世代につなげるために~

    日時:2023年6月22日(木)13:00~16:00
    場所:Zoomウェビナー
  3. 2023生態工学会年次大会(高崎大会)特別講演会(特別講演会のに参加無料)
    「循環型社会の構築と地域資源」
    大会HPはこちらをクリック
    日時:2023年6月24日(土)
    会場:高崎健康福祉大学農学部10号館(〒370-0033 群馬県高崎市中大類町54)

■後期
セミナー等

  1. セミナー

  2. その他、学生諸君の意見を聞きながら、随時演習等企画する
    (Aセメスター、Wタームを予定)
2023 symposiums
Symposium 農地整備における情報化施工技術とスマート農業の未来図
日時:2023年12月14日(木)
場所:東京大学農学部7号館B-231教室&オンライン開催
future
勉強会・セミナー(2023年度)
FG担当スタッフ
清水謙多郎
応用生命工学
溝口 勝
農学国際
露木 聡
農学国際
藤原章雄
富士癒しの森研究所
内藤裕貴
生物・環境工学
細井文樹
生物・環境工学
フォーラムグループ長・事務局長
細井文樹

2022年度のアーカイブ2021年度のアーカイブ2020年度のアーカイブ2019年度のアーカイブ2018年度のアーカイブ2017年度のアーカイブ2016年度のアーカイブ2015年度のアーカイブ2014年度のアーカイブ2013年度のアーカイブ