FG1: 食の科学

食の科学フォーラムグループ

市民・企業と、食の信頼の向上と豊かな社会の構築を目指します

食の安全・安心の確立と健康社会の構築をめぐる理論と実践を学びます。そこでは高齢社会における課題解決についても考えていきます。またフォーラムグループの教員もメンバーになっている「食の安全研究センター」と研究や教育の連携を図ります。教育カリキュラムでは専門性と学際性を重視して、学外から講師を招いたり、官公庁や企業等で研修を行うなど、「社会との関わり」にも重点を置いています。

【ゼミナールの狙い】
  • 自分の専門以外の知識を獲得する
  • 多角的なモノの見方を学ぶ
  • 所属する専攻・課程以外の院生学生と交流する
  • 大学を越えたネットワークを形成する
  • 本教育プログラムの一部は、「活力ある超高齢社会を共創するグローバル・リーダー養成プログラム:GLAFS) http://www.glafs.u-tokyo.ac.jp/」の授業の一部に指定されています。
    食の科学最前線ゼミ
    食の科学ゼミナールⅠ
    /食の安全研究
    夏休み実地研修
    平成30年度 授業
    講義食の科学ゼミナールⅠ
    (学部科目:食と人間)
    【成績評価】
    • 出席状況とレポート内容を総合的に評価する。
    • 講義開始30分後に出席票を配布。その時に受け取れなかった者は遅刻となり、遅刻者の出席評価は2分の1に減点される。
    • 出席票の裏面に当日の講義内容のポイントについてコメントを毎回記述すること(2行程度の簡単なもの)。記述内容によっては、出席評価が最大2分の1に減点される。
    • レポート課題は、各講師から大学院生、学部生別に一題ずつ出される。計13題の中から2題を選んで、それぞれ2,000字以上のレポートを作成し、アグリコクーン産学官民連携室(農学部3号館1階105A号室)へ提出すること。締切は、11月16日(金)17時。課題ごとにプリントアウトしたレポートを別々にホチキス止めすること。それぞれのレポートの始めに必ず所属専攻(専修)名、学籍番号、氏名を記すこと。
    • レポートを提出しないと未受験となる。
    東京大学農学部において以前に「食の安全研究」「食と人間」の単位を取得した場合、本授業は受講できない。
    講義(S1/A1:全13回)
    【講義室】農学部1号館2階8番講義室
    【曜日・時間】木曜日18時45分~20時30分

    演習食の科学ゼミナールⅡ
    (学部科目:食と健康システム演習)
    (S1/SP) 【成績評価】
    • 実地研修も含めたゼミの出席回数で成績評価する。ただしその回数は「出席換算回数」とする。
    • ゼミに出席した場合の出席換算回数は1点。
    • 毎回ゼミ後に提出するショートレポートの内容によって出席換算回数を0.5点減点する場合がある。
    • ショートレポートを提出しないと出席換算回数は0.3回とする。
    • 講師から出される課題へのショートレポートは、授業の翌週の火曜日正午までに産学官民連携室へプリントアウトしたものを提出すること。ショートレポートは、字数制約は設けないが、課題に答えるだけの必要な字数は確保すること。
    • 実地研修の終了後に提出するレポートの内容によって出席換算回数が1点になる場合がある。
    • 出席換算回数の合計が4回未満の出席の場合は「未受験」となる。
    ※東京大学農学部において以前に「食の安全システム演習」「食と健康システム演習」の単位を取得した場合、本授業は受講できない。
    ●外部講師招聘・討議(火曜日18:45~20:30/7号館A棟114・115号室)

    外部講師を招き、民間企業等における安全・品質管理の方針・取り組み等について講義してもらい、受講生とともに討議する。

    履修していない学生でも興味のある回にだけ参加することも歓迎します
    ●企業での実地研修

    企業での研究所等での講義、視察、討議 午後数時間程度

    • 各企業での研修は1日で終了。それぞれの研修に参加すると、夏学期・冬学期の毎週のゼミの2回ないしは3回分の出席に相当するものとしてカウント(研修内容によって換算回数が変わるが、それは募集する際に告知
    • 昨年は、味の素(株)イノベーション研究所・食品研究所・バイオ・ファイン研究所およびキユーピー(株)仙川キユーポートで実施。
    • 詳細については、決まり次第、随時ホームページと履修学生にはMLで連絡。参加には事前登録が必要。研修先によっては定員が定められる場合あり

    ■食品企業からの講師を招いてのゼミに、履修していない学生でも興味のある回にだけ参加することは可。
    ■夏休みの実地研修に履修していない学生が参加することは可。ただし事前の申し込みが必要。また、非履修の参加者もレポート提出は必須。
    実習 食の科学ゼミナールⅢ(大学院)
    (サマープログラム期間:2単位)

    【実習の進め方】農林水産省消費・安全局、厚生労働省医薬食品局において行われた食の安全・安心に関連するインターンシップ実習については、担当官の評価をもとに、単位として認める。ただし該当部局であっても、単位に認められない部署もあるので、必ず事前に産学官民連携室へ問い合わせること。
    【評価】インターンシップ終了後の学生によるレポートと研修先からの評価票により総合評価する。
    • 官公庁への申請(連携室経由で農学部に提出し、さらにそれを東京大学として取りまとめて申請)
    • インターンシップを希望する学生はアグリコクーンに連絡をください。
      mail: office[at]agc.a.u-tokyo.ac.jp / ext.28882
    • 農林水産省(準備中)
      厚生労働省(5/8更新) : 5月15日(火)正午までにアグリコクーンに関係書類提出のこと)
    授業の連絡等はメーリングリストで行うので、受講生は全員、通常利用しているeメールアドレスを授業開始時に申告すること
    こちらのメールフォームからでも登録できます。

    お名前 (required)

    学籍番号

    メールアドレス (required)

    メッセージ(任意)

    食の科学ゼミナールⅠ(大学院)/食の安全研究(学部) 日程表(講義)
    時間: 18:45~20:30
    教室: 1号館2階8番講義室
    S1ターム
    4月19日
    ●水産食品のリスク&ベネフィット
    潮 秀樹・渡邊 壮一(水圏生物科学)
    4月26日
    ●網羅的解析技術と食品の機能性・安全性評価
    加藤 久典(食と生命総括寄付講座)
    5月10日
    ●農産物のポストハーベスト管理と安全性
    安永 円理子 (生態調和農学機構)
    5月17日
    ●食品病原微生物と食リスク
    関崎 勉(食の安全研究センター)
    5月24日
    ●エピジェネティック研究を基盤とした栄養の評価
    廣澤 瑞子(応用動物科学)
    5月30日
    ●フードコミュニケーションと食の信頼
    中嶋 康博(農業・資源経済学)
    A1ターム
    9月27日
    ●食の嗜好性変化とその発生要因
    三坂 巧(応用生命化学専攻)
    10月4日
    ●循環器系と自律神経系機能に及ぼす食品成分の影響
    桑原 正貴(獣医学専攻)
    10月11日
    ●高齢化社会に向けて食品加工が果たすべき役割
    朝倉 富子(味覚サイエンス寄付講座)
    10月18日
    ●ライフステージに応じた食生活と健康
    石島 智子(機能性食品ゲノミクス寄付講座)
    10月25日
    ●加齢性難聴の発症機構と食・運動による調節
    田之倉 優(食の安全研究センター)
    11月1日
    ●食とデトックスの科学
    内田 浩二(応用生命化学専攻)
    11月8日
    ●消化管を介した食品の機能と安全性について
    小林 彰子(食の安全研究センター)
    食の科学ゼミナールⅡ(大学院)/食の安全システム演習(学部)
    時間: 18:45~20:30
    教室: 7号館A棟114・115号室
    5月1日
    「農林水産・食品分野における標準・認証について
    ~グローバルに羽ばたくための標準・認証講座入門~」
    農林水産省 食料産業局 食品製造課 基準認証室 室長
    松本修一 氏

    ショートレポート課題
    以下の2つの課題から1つを選んでください
    1)今後、日本の農林水産物・食品の競争力、強みを発揮していくには、どういった規格が考えられるか?
    2)農林水産物・食品に限らず、既存の規格は多くある。そのうちの一つを取り上げ、役割・機能を考察してください。
    (提出期限:5月15日正午)
    5月8日
    「小麦粉の科学 ~品質向上に向けた穀物科学的取組み~」
    日清製粉株式会社 つくば穀物科学研究所 所長
    早川克志 氏

    ショートレポート課題
    【理系の学生向け】
    官能評価、物性評価の数値化、澱粉性状の見える化が開発のキーとなった事例を紹介しましたが、本質の見える化(数値化)がキーとなった商品開発、研究の事例を具体的に示して下さい。
    【文系の学生向け】
    生活者・消費者の視点から求められる商品特性を取り上げて、日清製粉株式会社に対して、どのような商品開発、研究に期待するかを述べて下さい(商品特性やについては、官能評価、物性評価に関係する事項を中心に考えてみてください)。
    (提出期限:5月15日正午)
    6月5日
    ●「高齢社会の食と健康 —食品企業の立場から—」
    株式会社明治 食品開発研究所 栄養食品開発研究部 部長
    鈴木靖徳 氏
    6月19日
    ●「健康食品の開発と研究〜健康寿命延伸を目指して」
    サントリーホールディングス(株)フェロー 兼 サントリーウエルネス(株)専務執行役員 健康科学センター長
    柴田浩志 氏

    実地研修(SPタームに開催)

    日時未定
    ●企業での実地研修(調整中)
    日時未定
    ●企業での実地研修(調整中)

    2018 Symposium & Events
    6月7日平成29年度食料・農業・農村白書&食育白書&食料自給率・自給力の説明会 wheat
    FG担当スタッフ
    難波 成任
    生産・環境生物学
    佐藤 隆一郎
    応用生命化学
    清水 誠
    食の安全研究センター
    高橋 直樹
    応用生命化学
    内田 浩二
    応用生命化学
    三坂 巧
    応用生命化学
    山下 倫明
    水圏生物科学
    中嶋 康博
    農業・資源経済学
    廣澤 瑞子
    応用動物科学
    杉浦 勝明
    農学国際
    加藤 久典
    健康栄養機能学社会連携講座
    関崎 勉
    食の安全研究センター
    小野寺 節
    食の安全研究センター
    八村 敏志
    食の安全研究センター
    小林 彰子
    食の安全研究センター
    石島 智子
    機能性食品ゲノミクス寄付講座
    フォーラムグループ長
    高橋 直樹
    事務局長
    中嶋 康博

    2017年度のアーカイブ2016年度のアーカイブ2015年度のアーカイブ2014年度のアーカイブ2013年度のアーカイブ