FG2: 国際農業と文化

国際農業と文化フォーラムグループ

活動の場は国際的に広がります

農林水産業を地域の文化を形成する核であると位置づけ、「生産は文化によって支えられている」というコンセプトが、当FGの活動理念です。「国際農業と文化ゼミナール」では 「環境と農業」 「農業と資源」 「経済と食品流通」の3つのテーマの集中講義と、教員とのディスカッションで農業と文化への理解を深めます。「国際農業と文化実習」では、国内実習により日本の農家と農村について体験的に理解を深めた上で、アジア途上国における実習により、地域における問題の把握やそれらの問題解決のためのプロジェクト形成について経験を積みます。
海外研修
海外研修
シンポジウム
2020年度 授業
講義 国際農業と
文化ゼミナール
集中講義 ◇集中講義
6/10(水)~6/12(金)
オンライン講義
採点:出席
実習 国際農業と
文化実習
国内実習 ◇日本の農家での実習及び合宿 (詳細は,ガイダンスで説明)
海外実習 ◇マレーシアにおいて海外実習
(10日間、次期は未定)
帰国後、報告会を開催する
FG担当スタッフ
八木 信行
国際水産開発学 農学国際
杉浦 勝明
国際動物資源科学 農学国際
斎藤 幸恵
国際植物材料科学 農学国際
露木 聡
国際森林環境学 農学国際
岡田 謙介
国際農業開発学 農学国際
鈴木 宣弘
国際環境経済学 農学国際
溝口 勝
国際情報農学 農学国際
阪井 裕太郎
国際水産開発学 農学国際
松本 安喜
国際動物資源科学 農学国際
宮沢 佳恵
国際植物資源科学 農学国際
中西 啓仁
新機能植物開発学 農学国際
荒木 徹也
国際情報農学 農学国際
杉野 弘明
国際水産開発学 農学国際