農学総合科目:
「バイオマス利用学概論」「森林資源と木材利用」

農学総合科目

「バイオマス利用学概論」「森林資源と木材利用」

「バイオマス利用学概論」
「バイオマス」は生物によって生産される有機物の量を意味するが、近年はその有価物としての側面を指す用語として使われるようになった。バイオマスは再生可能な資源として注目され、各種の工業原料およびエネルギー資源として広く利用されている。この授業では各担当教員が、それぞれの専門の立場で、バイオマスの利用事例とその効果、および将来展望等について基本的な事項を最新の情報をまじえて解説する。

A2タームの開講科目である「森林資源と木材利用」をあわせて履修することを推奨します。
「森林資源と木材利用」
我が国は資源の少ない国家と言われる中で、国土の2/3は森林に覆われており、これは我が国が保有する貴重な天然資源と言える。このようなことから、森林から得られる木材あるいは木質バイオマスの多面的な利用は、我が国、特に地域の社会や経済の発展のために重要と言える。一方、森林は、国土の保全や自然災害防止、水資源の確保、二酸化炭素の吸収源、さらに生物多様性の維持、国民のレクレーションの場等の多面的な機能を保持しており、持続的に管理経営を行っていかなければならない。このような様々な視点に立ち、本講義では、森林資源と木材利用について、その課題と将来に向けた可能性を幅広く包括的に学修することを目標とする。

「バイオマス利用学概論」
A1ターム木曜日第3限(13時15分~14時45分) オンライン講義

「森林資源と木材利用」
A2ターム木曜日第3限(13時15分~14時45分) オンライン講義

講義資料(ITC-LMS利用方法)
  • 講義資料は情報基盤センター提供のITC-LMSを活用します。受講者は各自ITC-LMSにログインし事前に講義資料を入手してください(一部、オンラインで講義資料配布のない授業もあります)。
  • ダウンロードにあたっては、利用者は「講義資料について講義に関する学修以外の目的には使用しない」事項に同意するものと致します。
  • ITC-LMSの簡単なマニュアルはこちら(2019年度版)
    本サイトから学内ネットワークを経由して講義資料がダウンロード可能です。
  • ユーザーサポートはメールフォームでも受け付けています。問い合わせの際、メール本文にユーザーIDを明記してください。
  • 成績評価方法
    「バイオマス利用学概論」
    出席数とレポートにより成績を評価する。
    「森林資源と木材利用」
    (準備中)
    教科書・参考書
    「バイオマス利用学概論」
    授業全体にかかわる教科書は使用しない。
    「森林資源と木材利用」
    最新年度の森林・林業白書を講義全体についての参考資料とする。 また、その他の参考図書および資料については各回に担当教員から指示を行う。
    講義スケジュール(命和2年度) 
    バイオマス利用学概論
    第1回
    10月1日
    ●バイオマスプラスチックの現状と課題
    岩田 忠久 (生物材料科学専攻)
    第2回
    10月8日
    ●バイオマスのエネルギー変換技術
    芋生 憲司 (生物・環境工学専攻)
    第3回
    10月15日
    ●海洋バイオマスとその利用
    岡田 茂 (水圏生物科学専攻)
    第4回
    10月22日
    ●バイオマス利用と地域経済・社会振興:持続可能性の視点から
    木南 章 (農業・資源経済学専攻)
    第5回
    10月29日
    ●バイオナノ材料の開発と利用
    齋藤継之 (生物材料科学専攻)
    第6回
    11月5日
    ●バイオマス変換のためのバイオテクノロジー
    石井正治 (応用生命工学)
    第7回
    11月12日
    ●レポート課題の提示と説明
    芋生 憲司 (生物・環境工学専攻)
    森林資源と木材利用
    第1回

    第2回

    第3回

    第4回

    第5回

    第6回

    第7回


    2015年度のアーカイブ|2016年度のアーカイブ|2017年度のアーカイブ|2018年度のアーカイブ| 2019年度のアーカイブ